2024.07.05

新入生の活動への意気込み 豊橋技術科学大学

はじめに

本記事では今年度入部してくれた部員18名のうち、3名の「部活動への意気込み」を掲載しています。

自動車研究部の活動を通した知識・技術の獲得や自分磨きなど、それぞれ目標や志を持って入部してくれました。

既に学生フォーミュラチームに所属している人にとっては初心に帰る機会に、所属前の人にとってはどんなことを身に着けたいのか、どうして入部したいのかを考える機会になれば幸いです。

 

1人目

こんにちは。豊橋技術科学大学 自動車研究部 新入部員の海野です。

私は高校までは陸上競技部に所属していました。しかし、豊橋技術科学大学には陸上競技部がありませんでした。そこで、新しいことに挑戦してみようと思い、自分の好きな自動車を様々な面から身近に触れることのできる自動車研究部に入部しました。

まずこの1年で私が頑張りたいことは2つあります。

1つ目工業に関する知識と経験をできるだけ多く身に着けることです。私は普通科高校に通っていたため高専や工業高校に通っていた方とは工業に関する知識と経験に大きな差があります。だから周りの方々から多くのことを吸収して社会の役に立てる人材になりたいです。

2つ目仲間との信頼関係を築くことです。学生フォーミュラは1年をかけて1台のマシンをみんなで作り上げていきます。そのため様々な人と関わって協力関係を深めていきたいです。

分からないことばかりですが精一杯頑張ります。

 

2人目

こんにちは!

1系の松本大典です。大阪電通大高校から技科大に来ました。私は今まで車と無縁な人生だったので、入部してから知ることすべてが新しいことばかりで、凄くワクワクしています。 この部活への入部理由は二つあります。

一つ目は、全力でものづくりに取り組みたかったからです。私は大学入学時に、ものづくりにとても関心を持ちました。そして、自分が持つ知識をさらに深めたいと考え、この部活を選択しました。

二つ目は、コミュニケーション能力を高めたかったからです。チームでの活動や、企業の方に対してのプレゼンを通じてコミュニケーション能力を高めたいと考えました。

自分は何もかもが未知なので、自分から行動することで少しずつ知識を蓄え、戦力になれるように頑張りたいです。よろしくお願いします。

 

3人目

こんにちは豊橋技術科学大学自動車部新入部員の美和朋希です。

私が自動車研究部に入部しようと思った動機は高校の部活動でやっていいたエコランのようなものづくりを続けたいと思ったからです。そこでは、設計から改善まで自ら行い、ものづくりの面白さを学ぶと同時に自身の知識不足を感じました。特に、論理に基づいた設計ができなかったことに知識不足を強く感じまし た

今後、自動車研究部での活動を通して、ものづくりに必要な技能とともに知識も深め論理に基づいたものづくりができるよう取り組んでいきたいです。

また、プレゼンテーションや渉外を通して自身の人間性も磨いていきたいと思います。

まだまだ力不足ですがものづくりを楽しんで自動車研究部に貢献できるよう頑張ります。

 

線1左

人気キーワード

線1右

線1左

過去大会ランキング

線1右

学生F
自動車部
エコラン

    2023 Ene-1 SUZUKA Challenge
    ソーラーカーレース鈴鹿2023

  • 1
    木本工作所
  • 2
    東郷アヒルエコパレーシング
  • 3
    長野県飯田OIDE長姫高校原動機部A
  • 4
    長野県飯田OIDE長姫高校原動機部B
  • 5
    nn-techエコランチーム

    2023年度 全日本学生
    ジムカーナ選手権大会結果

  • 1
    早稲田大学
  • 2
    慶應義塾大学
  • 3
    日本大学
  • 4
    関西学院大学
  • 5
    千葉工業大学
  • 6
    立教大学

    学生フォーミュラ 日本大会
    2023 開催結果

  • 1
    京都工芸繊維大学
  • 2
    日本自動車大学校
  • 3
    岐阜大学

トータルテクニカルソルーションズ

やりたい仕事が見つかる!車好きの就職活動